早漏とEDの関係

性行為における男性の悩みの中に、早漏やEDという症状があります。
早漏は射精が異常に早く、EDは勃起そのものが起こりにくいという症状です。
これらは満足のいく性行為が得られず、次第にコンプレックスになっていきます。

このような症状の原因として、共通の関係性があります。
それはストレスです。
早漏やEDにも、これらのストレスが大きく関係していると言われています。
そのストレスとは、仕事や家庭で日々感じる精神的なものや肉体的なものなどです。
肉体的なものには、疲労があります。
これらの蓄積されたストレスが、射精のもとになる副交感神経を狂わせることになります。
精力が出ない、射精のコントロールができないという症状が、これらの過度なストレスによって体に異変をきたすこととなっています。

またこれらを気にするあまり、症状がますます悪化してしまう可能性もあります。
愛するパートナーとの性行為は、自分の快楽を求めるためだけのものではありません。
特に男性は、パートナーを喜ばせようとする自信も精力に関係しています。
自分だけではなく、パートナーの快楽の喜びをともに感じられることが、それらの改善に結びつく可能性もあります。

このためパートナーの理解を得ることは、安心感のある性行為が期待できます。
日ごろからストレスを溜めないように、その解消に努力していくことも大事なこととなります。

タダポックスのダブルの効果

従来ならば、EDと早漏は異なる治療薬を使用しなければなりませんでしたが、現在は、ダブルの効果がある治療薬が存在しています。
それがタダポックスという治療薬です。

タダポックスにはタダラフィルという成分とダボキチセンという成分が含まれています。
タダラフィルはEDに効果のある成分であり、ダボキチセンは早漏に効果がある成分です。
そして、どちらも高い効果がある成分なのです。

タダラフィルはED治療薬シアリスの主成分です。
ED治療薬ではバイアグラが有名ですが、シアリスはバイアグラを凌ぐ評価を受けている治療薬です。
評価の理由は効果の持続時間がバイアグラに比べて格段に長いこと(バイアグラは4~6時間、シアリスは最大36時間)、バイアグラが食事の影響を受けるのに対し、シアリスはあまり影響されない等といったことが挙げられます。

タダラフィルは早漏治療薬プリンジーの主成分です。
プリンジーは世界初の飲むタイプの早漏治療薬です。
つまり、プリンジーは早漏治療において画期的な薬なのです。
高い効果と安全性は証明されており、全世界で数百万人の早漏患者が使用しています。

このようにタダポックスは、EDと早漏、どちらにおいても非常に高い効果を発揮する成分を含んでいる治療薬ですので、単にダブルの効果があるだけではなく、高い効果がダブルで得られる治療薬なのです。